予約していた格安飛行機チケットのキャンセル方法

Posted by user -

予約していた格安飛行機チケットのキャンセル方法

取得した方法にもよりますが、旅行取り消しの事由が発生した場合は直ちに処理する必要があります。
便の変更をする場合にも必ず地取り消し手続きすることが先になります。

手続きをしないまま、別の飛行機のチケットを買うことは出来ません。
代理店サイトの場合と航空会社に直接連絡する場合がありますので、購入前に確認する事が必要です。

まず代理店サイトの場合

①ネット決済の場合でシステム上で手続きできる場合:すぐに処理を進めて下さい。
サイトに寄りますが別途キャンセル料が発生する場合と、一定の期間内であれば料金が全て戻ってくる場合があります。

②ネット決済したが、電話連絡してオペレータ経由で取り消し処理をしないといけない場合:これも速やかに営業時間内に連絡して取り消し処理をします。
購入時に発行された予約番号を伝えるか、既に発券済みである場合は航空券番号を代理店のオペレータに伝えます。
航空券が既に発券されている場合は取消料が別途発生する場合があります。次に航空会社に連絡する場合も同様にシステム上で処理できる場合には、速やかに取り消し処理に移りましょう。

また既に発券済みである場合は、航空券番号をオペレータに伝えます。
空港カウンターで取り消し処理する場合は、決済が証明できるものや発券処理がされている物では、現物のチケットを用意します。

最も面倒なのはネットで格安飛行機チケットの注文は出来るが、発券がクーポン方式で現物のチケットが郵送されてこない場合です。

この場合は、空港カウンターや航空会社の正規代理店で一度航空券を発券してから、取り消し処理をしないといけない場合があります。
いずれも発券済みの場合は払い戻し諸費用のお金が請求され、正規の航空券よりも割高になる場合が多いです。予約前にキチンと確認しておくことが大切です。

払い戻しの手数料

払い戻しの手数料は航空券種別により違いが有ります。ほとんどの格安は早割であることが多いので、出発直前や当日の出発前である場合は航空券代金の約半分~75%ぐらいと考えて下さい。また航空券は記名方式で名前、性別、年齢などが記載されますので、他人に譲って使うことはできません。

特に国際線などでは航空券とパスポートと照合しチェックしますので本人しか使えなくなっています。国内線の場合はチェックはされませんが航空法違反になります。これはハイジャック防止にもつながりますのでキチンと手続きする事が重要です。

In:
Comments are Closed on this Post.