東京から沖縄までの飛行機代の相場

ssgp5996

大手航空会社の相場をまずチェック

東京から沖縄に向かう飛行機の航空会社はいろいろあります。そうすることで、そこからそれぞれの安く確認することができます。
そして飛行機代の相場として、沖縄へは安めで行きたいのか、それとも快適性を一番にして行きたいのかによってシートの種類の選定にも影響を与えます。

安心感を与えてくれる大手航空会社

nat77_hikoukinohanetoaozora_tp_v1
大手の航空会社の一番の利点は定時に出発し、定時に着陸をすることです。
日本の航空会社、日本航空や全日空は世界でもレベルが高く、天候による影響などがないかぎり定時に発着することができます。安く沖縄へと考えても、定時に着くのはちょっと抵抗があるのであれば、大手航空会社のチケットを選択し、行く日程が決まっているのであれば、事前に早割などを使って、安く購入するようにします。
そうすることで、普段よりか若干安く行く事が出来ます。

大手航空会社ではなく中堅の航空会社の選択

大手航空会社ではなく中堅の航空会社を選択する方法があります。大手が使う羽田空港ではなく、地方から沖縄方面に行くのであれば、中堅の航空会社が発着しています。航空会社であれば、スカイマークやAIR・DOですね。安くとお考えの方は一つの選択肢と言えます。
本数もかなり出航しているのもあり、連休時以外であればチケットは取りやすいと言えます。

LCCを使っての向かう利点と注意点

LCC、格安航空会社を使って沖縄へ飛行機で行くのであれば、何といっても一番の利点は安く行く事が出来ることが言えます。荷物がほとんどなく、ただ向かうのであれば、LCCの選択はお勧めと言えます。

しかし、荷物がとても多く向かうのであれば、荷物に別料金がかかるために、荷物の数によって、大手航空会社とさほど変わらない値段になってしまいます。もし、沖縄旅行用の荷物が多いと事前にわかるのであれば、宅急便などで、荷物だけ先に沖縄へ別ルートで送るようにします。

利点を理解したうえで、沖縄飛行機のticketを購入

航空会社によってどれがいいのか理解したうえで沖縄行の飛行機チケットを購入する事をお勧めします。LCCのような荷物は別料金であれば、宅急便を上手に使う事をし、ゆったりして向かいたいと願うのあれば、大手航空会社を選択し、早めの予約で、チケット代を安くする事をお勧めします。

航空会社から安く購入することもできれば、旅行サイトから安く購入する方法もあり、街中においてチケットショップにて購入することもできます。自分の移動スタイルによって沖縄行きの飛行機を選ぶことをお勧めします。