東京から沖縄までの往復飛行機代は?

沖縄には飛行機を利用していきましょう

沖縄旅行は、日本人にとって大変意味のあるものになっています。観光地として魅力がたくさんあり、様々な切り口のある場所なのであらゆる層、目的の方が訪れます。九州から船でもいけます、飛行機を利用すれば本州からも簡単に向かうことが出来ます。

国内なのでパスポートの必要がないので、南の島にバカンスに行きたいという方は、気軽に行ける場所として押さえておくと良いでしょう。沖縄旅行は一度はまったら、生涯はまり続けると言われています。

歴史を感じさせるものがたくさんあります

沖縄は南の島として、バカンスの楽しみを味わう旅行先というイメージがありますが、歴史を感じさせる旅先としても大変価値のある土地です。
かつての琉球王国の遺産、歴史的建造物もたくさん残っているので、島の内部をレンタカーを借りて回り続けるという楽しみは他の本州や四国などにはないものといえるでしょう。
飛行機で訪れたその足で、レンタカー屋に駆け込む旅行者も少なくありません。また、アメリカとのかかわりも深いという要素があります。

沖縄はお金の感覚も本州とは違います

沖縄は米軍基地が複数ある土地ですが、アメリカとの関係がとても深い土地です。アメリカの飛行機が飛んでいる光景をよく見かけるでしょう。かつて通貨も円ではなくドルが利用されていた時代もあったほどです。食べ物も沖縄独自の伝統料理から、アメリカ風の食べ物までたくさん残っています。
沖縄は日本といっても大変異国情緒溢れる場所ですので、国内ですが、どこか外国にきたような感覚を味わえます。それもこの地に訪れる日本人観光客が多い理由です。

人の魅力もこの場所の魅力と言えます

沖縄に訪れた観光客の多くの方の意見として、人の温かさを感じたというものがあります。この地の方は比較的穏やかで優しい人が多いといわれています。あまり人に強く当たるような方がいないという証拠かもしれません。しかし、その一方で、この地の出身の有名人の活躍は華々しいものがあります。
かつて日本中をとりこにしたアイドルやグループの出身地としても知られています。

まずは食べ物の魅力を満喫しましょう

琉球料理は、長寿に利くと言われています。トウフヨウやゴーヤチャンプルに代表される伝統料理、海の幸をふんだんに利用した料理が有名ですが、どれも健康に大変有効です。
実際、沖縄で生活をされてこの地の食べ物を食べ続けたことで、健康を取り戻したという年配の方もたくさんいます。

沖縄に安く行ける時期はいつ?

沖縄旅行を楽しむために

沖縄旅行に行きたいと考えている方々が増えています。芸能人に人気があるからと答える方も居ますがやはり独特な料理と綺麗な海が魅力的だからと答える方が多いです。
食べ物は、他県では滅多に食べる機会がない物ばかりですし暖かい日に青が美しい海辺を駆け回れる喜びは、きっと想像以上でしょう。
しかし沖縄は、費用が気になる方も居ます。確かに他県に比べたら費用が高いです。しかし、いつの時期に行けば費用を安く抑える事が出来るか見極めればその心配はなくなります。

飛行機の費用を安くするには

先ず、海目的の8月が一番のピークになります。この時期は、夏休みも重なるので料金が必然的に上がり人も多いです。後は、ゴールデンウィークやお正月の時期も高いので考慮しましょう。また航空券のベースが時期により変わるのでその影響も多かれ少なかれあります。
そして、3月から4月は卒業旅行をする学生が増加しそれに伴い料金も上がるので卒業旅行をしたいと考えている方々は、少し時期をずらして旅行すると費用を安く抑えられます。

梅雨の時期や台風の時期

卒業旅行で時期をずらす場合は、6月の梅雨が安くなります。格安航空券で飛行機を利用すればかなりお得に旅行を楽しめますので検討してみて下さい。また、普通にパッケージツアーを利用して旅行する方におすすめな時期は、正月明けの1月です。
全体的に台風の時期や寒い時期は、正月を除き安くなる傾向があります。何を楽しみたいかを考えながらこの事を考慮すれば沖縄旅行をお得に楽しめます。旅行する際は、ホテルもきちんと選びましょう。

楽しく和やかに旅行をする

旅行をする時はレンタカーを借りると色々行く事が出来ます。歩きでも楽しめますが遊び疲れた後にホテルまで歩く事になるのは、少し不便です。時期を考え旅行をすればレンタカー料金出してもお金が足りなくなる可能性は、低くなります。
また、レンタカーとホテル込みのツアーもありますので調べてみると更にお得です。後、紫外線対策や暑さ対策をしっかりしましょう。とても湿度等が高いので水分を定期的に摂取しないと熱中症になります。

時期を決めて計画的に

色んな準備を怠らず安く旅行を楽しみましょう。海に入りたいと考えている方は冬の時期ではなく梅雨の晴れる日を調べたり9月に行くと安くても海を満喫出来ます。そして食べ歩きは、冬でも楽しめますし問題はないでしょう。
安く行ける時期を調べて確認した後に旅行先で行く所を決めるのもベストな選択です。魅力的な旅行先だからこそ行き帰りの料金を安く抑えつつ、格安ツアー等も活用して行きましょう。

沖縄へ飛行機代を格安で行くためには

沖縄に格安で出掛けて楽しもう

青い海、青い空に囲まれた沖縄。そんな美しい島には飛行機で行きますが、やはり旅費が高いと言うイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

確かに行楽シーズンなどやはり各旅行会社で飛行機代など高めに設定されているので、ちょっとそこまでと言う様な感覚では同じ日本国内とはいえ出掛ける事が出来ないのではないでしょうか。しかし、実は格安で出掛ける方法があります。しっかりとその方法を覚えて、お得に満喫しましょう。

たくさんの魅力がある美しい島

沖縄は大変美しい島です。海がまわりにある、リゾート感溢れる場所になっています。そんな沖縄にはたくさん魅力があります。エメラルドグリーンの美しい海では、皆でマリンスポーツを楽しんだり、サンセットを楽しんだり、充実の時間を過ごす事が出来ます。

時間を忘れてゆったりとした時間を過ごす事が出来るでしょう。その他にも様々な歴史溢れる建物や水族館、テーマパークなど大人から子供まで皆が楽しむ事が出来る場所がたくさんあるので是非一緒に出掛けましょう。

飛行機代を少しでも安く済ませる方法とは

やはり行くのであれば少しでも旅費を抑えたいと誰でも思うのではないでしょうか。そんな時お勧めするのがインターネットの利用です。
航空券の予約をする際、早割を利用すると良いでしょう。
行く日程が確定的にしているのであれば早めに予約を入れる事でお得に出掛ける事が出来ます。またネットの比較サイトをチェックしてチェックしてみるのも良いでしょう。

飛行機代は工夫次第で安くする事が出来る

飛行機代を安くする為にはちょっとした工夫が必要です。但しそれをちゃんと覚える事で、お得で便利にエンジョイが出来ます。少しでも出費を抑える為には、航空券の予約のタイミングも重要ですし、時期もとても重要になります。
その事を頭の中に入れておく事で、格安で旅行を楽しむ事が出来るかもしれません。たくさん遊んで、現地で充実の時間を過ごす為に、是非しっかり計画をしていきましょう。きっと最高の時間と景色がそこにはあるでしょう。

浮いたお金で沖縄を思いっきり満喫

少しでも旅費を浮かせる事で、その分を現地での観光や食事に回す事が出来ます。

沖縄旅行にLCCを利用して飛行機代を安くする

国内最南端の県で遊びましょう

沖縄旅行、今や定番と考える人も多いです。ハワイ旅行やグアム旅行に行かれていた人たちも、沖縄の良さを知ると、わざわざ海外旅行に出る必要がないとなり、国内最南端の県での楽しむ人が、多くなっているのでしょう。
そこには、異国の雰囲気も残したまま、新しいリゾート施設があり、海で遊ぶだけでなく、観光にも時間を費やすことが出来ることが、人気の理由なのでしょう。本島だけでなく、各島々への旅も、新たな感激を生む場所にもなっています。

沖縄へ移動するには飛行機が便利

しかしこの沖縄旅行、航空運賃が高く、なかなか旅行で訪れることが、しづらい時期も長く続きました。海外旅行へ行く方が安いと言う設定も多くあり、脚を向ける人が少ない時期もありました。
ですが、この地の良さを知るたびに、旅行者が次第に増えて来たのも現実になりました。そこには、季節限定ではありますが、北海道などからも直行便が飛ぶようになり、日本各地からの旅行者が増えたことが、人気拡大の要因にもなって来たのでしょう。

航空運賃の高さがネックだったこと

肝心の季節になると航空運賃も定価販売となり、遠隔地に住む人などは、なかなか遊ぶに行ける場所ではありませんでした。冬は、比較的安価な航空運賃で来られるのですが、夏の最盛期には海外旅行に匹敵する以上の価格設定が多く、旅行者を悩ませていました。その高額な旅費を改善してくれたのが、LCC航空会社の進出でした。
また、この業界が日本に進出して来たことも、あのペリーが下田へ来た時の、黒船以来の大騒動にもなりました。

航空運賃を下げてくれたLCC

LCC利用で、東京成田・那覇、大阪関西・那覇、名古屋・那覇、更には福岡・那覇間の料金が、かなり安くなっています。一部のLCCを例にとって見るとよく、その差が判かります。成田・那覇間の比較では、7日前の料金では半額以下になっており、21日前の料金では、3分の1程度になります。
そして61日前でも、半額程度に設定され、相当な違いがあります。LCCでは、最高額でも12000円前後、61日前では、8000円台まで下がります。

LCC利用時に注意すること

このようにLCCを利用することは、旅行者にとって非常に喜ばしい結果に繋がります。ですが、これら飛行機会社を利用する時には、ちょっとした注意が必要になります。多くのLCCでは、基本料金に荷物を預ける料金が、含まれておらず、空港でやるになることが多くあります。

そのため、オンラインで申し込む時に、一緒に申し込むことをお薦めします。飛行機内では、食べ物、飲み物、毛布、エンターテインメントなども全て有料になっています。