格安飛行機チケットの予約方法

4種類の航空券チケット予約方法

格安飛行機チケットの予約方法には、大きく分けて4種類があります。ひとつは、インターネットを使う方法です。
他に電話予約する方法もあります。旅行会社の店頭で申し込むこともできますし、空港のカウンターで手続きすることもできます。

この中でもよく用いられるのが、インターネット予約のようです。インターネットが使える環境にある場合は、パソコンやスマートフォンから申し込みができます。
申し込む前に、さまざまな比較サイトを活用して、最安値や各航空券の諸条件を確認することができるのが大きなメリットです。

24時間、居ながらにして申し込みができるので、たいへん利便性があります。申し込んだ日を入れて3日後までに払い込みをすれば、席を押さえることができます。
払い込みが間に合わなかった場合は、自動キャンセルされます。
インターネットが使えない場合は、電話が便利です。営業時間は限られていますが、たいてい365日無休で申し込みを受け付けています。
これは昔からおこなわれてきた形態ですので、高齢者も利用しやすいでしょう。

旅行会社の店頭で申し込むこともできます。航空会社の店舗やカウンターは非常に少ないので、申し込みから支払い、航空券受け取りが一カ所で一度にできる場となると、旅行会社の店頭ということになるケースが多いです。

当日購入する事も可能

空港が近い場合や、搭乗当日なら、空港のカウンターでも申し込みができます。搭乗時刻が迫っているとあたふたしますから、空港には余裕を持って出かけるようにしたほうがいいでしょう。
格安航空券が一番入手しやすいのは、やはりインターネットからの申し込みでしょう。
搭乗日まで、ある程度余裕があったほうが良く、直前となるとなかなか難しい面はあります。
しかし、クレジットカード払いができるなら、搭乗前日の申し込みもできる場合があります。

宅配便でのやり取りが必要になる場合は、一般的には10日間くらいの余裕があったほうがいいのですが、これもケースバケースです。
チケットのやり取りがいらない場合は、入金確認が済んだら番号でのやり取りとなり、前日申し込みでも対応可能となります。これを利用するには、そのサイトの信頼性という問題も関わってきますので、初めての場合は慎重に検討することです。

店舗を構えた旅行会社の店頭と違い、インターネットサイトの場合は、信頼性を確認することが大事です。前に購入したことがあるなどの場合は別ですが、初回は気をつける必要があります。