東京から沖縄までの飛行機代の相場

ssgp5996

大手航空会社の相場をまずチェック

東京から沖縄に向かう飛行機の航空会社はいろいろあります。そうすることで、そこからそれぞれの安く確認することができます。
そして飛行機代の相場として、沖縄へは安めで行きたいのか、それとも快適性を一番にして行きたいのかによってシートの種類の選定にも影響を与えます。

安心感を与えてくれる大手航空会社

nat77_hikoukinohanetoaozora_tp_v1
大手の航空会社の一番の利点は定時に出発し、定時に着陸をすることです。
日本の航空会社、日本航空や全日空は世界でもレベルが高く、天候による影響などがないかぎり定時に発着することができます。安く沖縄へと考えても、定時に着くのはちょっと抵抗があるのであれば、大手航空会社のチケットを選択し、行く日程が決まっているのであれば、事前に早割などを使って、安く購入するようにします。
そうすることで、普段よりか若干安く行く事が出来ます。

大手航空会社ではなく中堅の航空会社の選択

大手航空会社ではなく中堅の航空会社を選択する方法があります。大手が使う羽田空港ではなく、地方から沖縄方面に行くのであれば、中堅の航空会社が発着しています。航空会社であれば、スカイマークやAIR・DOですね。安くとお考えの方は一つの選択肢と言えます。
本数もかなり出航しているのもあり、連休時以外であればチケットは取りやすいと言えます。

LCCを使っての向かう利点と注意点

LCC、格安航空会社を使って沖縄へ飛行機で行くのであれば、何といっても一番の利点は安く行く事が出来ることが言えます。荷物がほとんどなく、ただ向かうのであれば、LCCの選択はお勧めと言えます。

しかし、荷物がとても多く向かうのであれば、荷物に別料金がかかるために、荷物の数によって、大手航空会社とさほど変わらない値段になってしまいます。もし、沖縄旅行用の荷物が多いと事前にわかるのであれば、宅急便などで、荷物だけ先に沖縄へ別ルートで送るようにします。

利点を理解したうえで、沖縄飛行機のticketを購入

航空会社によってどれがいいのか理解したうえで沖縄行の飛行機チケットを購入する事をお勧めします。LCCのような荷物は別料金であれば、宅急便を上手に使う事をし、ゆったりして向かいたいと願うのあれば、大手航空会社を選択し、早めの予約で、チケット代を安くする事をお勧めします。

航空会社から安く購入することもできれば、旅行サイトから安く購入する方法もあり、街中においてチケットショップにて購入することもできます。自分の移動スタイルによって沖縄行きの飛行機を選ぶことをお勧めします。
沖縄へ飛行機旅行をするならこちらがおすすめ

東京から沖縄までの往復飛行機代は?

沖縄には飛行機を利用していきましょう

沖縄旅行は、日本人にとって大変意味のあるものになっています。観光地として魅力がたくさんあり、様々な切り口のある場所なのであらゆる層、目的の方が訪れます。九州から船でもいけます、飛行機を利用すれば本州からも簡単に向かうことが出来ます。

国内なのでパスポートの必要がないので、南の島にバカンスに行きたいという方は、気軽に行ける場所として押さえておくと良いでしょう。沖縄旅行は一度はまったら、生涯はまり続けると言われています。

歴史を感じさせるものがたくさんあります

沖縄は南の島として、バカンスの楽しみを味わう旅行先というイメージがありますが、歴史を感じさせる旅先としても大変価値のある土地です。
かつての琉球王国の遺産、歴史的建造物もたくさん残っているので、島の内部をレンタカーを借りて回り続けるという楽しみは他の本州や四国などにはないものといえるでしょう。
飛行機で訪れたその足で、レンタカー屋に駆け込む旅行者も少なくありません。また、アメリカとのかかわりも深いという要素があります。

沖縄はお金の感覚も本州とは違います

沖縄は米軍基地が複数ある土地ですが、アメリカとの関係がとても深い土地です。アメリカの飛行機が飛んでいる光景をよく見かけるでしょう。かつて通貨も円ではなくドルが利用されていた時代もあったほどです。食べ物も沖縄独自の伝統料理から、アメリカ風の食べ物までたくさん残っています。
沖縄は日本といっても大変異国情緒溢れる場所ですので、国内ですが、どこか外国にきたような感覚を味わえます。それもこの地に訪れる日本人観光客が多い理由です。

人の魅力もこの場所の魅力と言えます

沖縄に訪れた観光客の多くの方の意見として、人の温かさを感じたというものがあります。この地の方は比較的穏やかで優しい人が多いといわれています。あまり人に強く当たるような方がいないという証拠かもしれません。しかし、その一方で、この地の出身の有名人の活躍は華々しいものがあります。
かつて日本中をとりこにしたアイドルやグループの出身地としても知られています。

まずは食べ物の魅力を満喫しましょう

琉球料理は、長寿に利くと言われています。トウフヨウやゴーヤチャンプルに代表される伝統料理、海の幸をふんだんに利用した料理が有名ですが、どれも健康に大変有効です。
実際、沖縄で生活をされてこの地の食べ物を食べ続けたことで、健康を取り戻したという年配の方もたくさんいます。

沖縄に安く行ける時期はいつ?

沖縄旅行を楽しむために

沖縄旅行に行きたいと考えている方々が増えています。芸能人に人気があるからと答える方も居ますがやはり独特な料理と綺麗な海が魅力的だからと答える方が多いです。
食べ物は、他県では滅多に食べる機会がない物ばかりですし暖かい日に青が美しい海辺を駆け回れる喜びは、きっと想像以上でしょう。
しかし沖縄は、費用が気になる方も居ます。確かに他県に比べたら費用が高いです。しかし、いつの時期に行けば費用を安く抑える事が出来るか見極めればその心配はなくなります。

飛行機の費用を安くするには

先ず、海目的の8月が一番のピークになります。この時期は、夏休みも重なるので料金が必然的に上がり人も多いです。後は、ゴールデンウィークやお正月の時期も高いので考慮しましょう。また航空券のベースが時期により変わるのでその影響も多かれ少なかれあります。
そして、3月から4月は卒業旅行をする学生が増加しそれに伴い料金も上がるので卒業旅行をしたいと考えている方々は、少し時期をずらして旅行すると費用を安く抑えられます。

梅雨の時期や台風の時期

卒業旅行で時期をずらす場合は、6月の梅雨が安くなります。格安航空券で飛行機を利用すればかなりお得に旅行を楽しめますので検討してみて下さい。また、普通にパッケージツアーを利用して旅行する方におすすめな時期は、正月明けの1月です。
全体的に台風の時期や寒い時期は、正月を除き安くなる傾向があります。何を楽しみたいかを考えながらこの事を考慮すれば沖縄旅行をお得に楽しめます。旅行する際は、ホテルもきちんと選びましょう。

楽しく和やかに旅行をする

旅行をする時はレンタカーを借りると色々行く事が出来ます。歩きでも楽しめますが遊び疲れた後にホテルまで歩く事になるのは、少し不便です。時期を考え旅行をすればレンタカー料金出してもお金が足りなくなる可能性は、低くなります。
また、レンタカーとホテル込みのツアーもありますので調べてみると更にお得です。後、紫外線対策や暑さ対策をしっかりしましょう。とても湿度等が高いので水分を定期的に摂取しないと熱中症になります。

時期を決めて計画的に

色んな準備を怠らず安く旅行を楽しみましょう。海に入りたいと考えている方は冬の時期ではなく梅雨の晴れる日を調べたり9月に行くと安くても海を満喫出来ます。そして食べ歩きは、冬でも楽しめますし問題はないでしょう。
安く行ける時期を調べて確認した後に旅行先で行く所を決めるのもベストな選択です。魅力的な旅行先だからこそ行き帰りの料金を安く抑えつつ、格安ツアー等も活用して行きましょう。

沖縄へ飛行機代を格安で行くためには

沖縄に格安で出掛けて楽しもう

青い海、青い空に囲まれた沖縄。そんな美しい島には飛行機で行きますが、やはり旅費が高いと言うイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

確かに行楽シーズンなどやはり各旅行会社で飛行機代など高めに設定されているので、ちょっとそこまでと言う様な感覚では同じ日本国内とはいえ出掛ける事が出来ないのではないでしょうか。しかし、実は格安で出掛ける方法があります。しっかりとその方法を覚えて、お得に満喫しましょう。

たくさんの魅力がある美しい島

沖縄は大変美しい島です。海がまわりにある、リゾート感溢れる場所になっています。そんな沖縄にはたくさん魅力があります。エメラルドグリーンの美しい海では、皆でマリンスポーツを楽しんだり、サンセットを楽しんだり、充実の時間を過ごす事が出来ます。

時間を忘れてゆったりとした時間を過ごす事が出来るでしょう。その他にも様々な歴史溢れる建物や水族館、テーマパークなど大人から子供まで皆が楽しむ事が出来る場所がたくさんあるので是非一緒に出掛けましょう。

飛行機代を少しでも安く済ませる方法とは

やはり行くのであれば少しでも旅費を抑えたいと誰でも思うのではないでしょうか。そんな時お勧めするのがインターネットの利用です。
航空券の予約をする際、早割を利用すると良いでしょう。
行く日程が確定的にしているのであれば早めに予約を入れる事でお得に出掛ける事が出来ます。またネットの比較サイトをチェックしてチェックしてみるのも良いでしょう。

飛行機代は工夫次第で安くする事が出来る

飛行機代を安くする為にはちょっとした工夫が必要です。但しそれをちゃんと覚える事で、お得で便利にエンジョイが出来ます。少しでも出費を抑える為には、航空券の予約のタイミングも重要ですし、時期もとても重要になります。
その事を頭の中に入れておく事で、格安で旅行を楽しむ事が出来るかもしれません。たくさん遊んで、現地で充実の時間を過ごす為に、是非しっかり計画をしていきましょう。きっと最高の時間と景色がそこにはあるでしょう。

浮いたお金で沖縄を思いっきり満喫

少しでも旅費を浮かせる事で、その分を現地での観光や食事に回す事が出来ます。

沖縄旅行にLCCを利用して飛行機代を安くする

国内最南端の県で遊びましょう

沖縄旅行、今や定番と考える人も多いです。ハワイ旅行やグアム旅行に行かれていた人たちも、沖縄の良さを知ると、わざわざ海外旅行に出る必要がないとなり、国内最南端の県での楽しむ人が、多くなっているのでしょう。
そこには、異国の雰囲気も残したまま、新しいリゾート施設があり、海で遊ぶだけでなく、観光にも時間を費やすことが出来ることが、人気の理由なのでしょう。本島だけでなく、各島々への旅も、新たな感激を生む場所にもなっています。

沖縄へ移動するには飛行機が便利

しかしこの沖縄旅行、航空運賃が高く、なかなか旅行で訪れることが、しづらい時期も長く続きました。海外旅行へ行く方が安いと言う設定も多くあり、脚を向ける人が少ない時期もありました。
ですが、この地の良さを知るたびに、旅行者が次第に増えて来たのも現実になりました。そこには、季節限定ではありますが、北海道などからも直行便が飛ぶようになり、日本各地からの旅行者が増えたことが、人気拡大の要因にもなって来たのでしょう。

航空運賃の高さがネックだったこと

肝心の季節になると航空運賃も定価販売となり、遠隔地に住む人などは、なかなか遊ぶに行ける場所ではありませんでした。冬は、比較的安価な航空運賃で来られるのですが、夏の最盛期には海外旅行に匹敵する以上の価格設定が多く、旅行者を悩ませていました。その高額な旅費を改善してくれたのが、LCC航空会社の進出でした。
また、この業界が日本に進出して来たことも、あのペリーが下田へ来た時の、黒船以来の大騒動にもなりました。

航空運賃を下げてくれたLCC

LCC利用で、東京成田・那覇、大阪関西・那覇、名古屋・那覇、更には福岡・那覇間の料金が、かなり安くなっています。一部のLCCを例にとって見るとよく、その差が判かります。成田・那覇間の比較では、7日前の料金では半額以下になっており、21日前の料金では、3分の1程度になります。
そして61日前でも、半額程度に設定され、相当な違いがあります。LCCでは、最高額でも12000円前後、61日前では、8000円台まで下がります。

LCC利用時に注意すること

このようにLCCを利用することは、旅行者にとって非常に喜ばしい結果に繋がります。ですが、これら飛行機会社を利用する時には、ちょっとした注意が必要になります。多くのLCCでは、基本料金に荷物を預ける料金が、含まれておらず、空港でやるになることが多くあります。

そのため、オンラインで申し込む時に、一緒に申し込むことをお薦めします。飛行機内では、食べ物、飲み物、毛布、エンターテインメントなども全て有料になっています。

格安飛行機チケットの予約方法

4種類の航空券チケット予約方法

格安飛行機チケットの予約方法には、大きく分けて4種類があります。ひとつは、インターネットを使う方法です。
他に電話予約する方法もあります。旅行会社の店頭で申し込むこともできますし、空港のカウンターで手続きすることもできます。

この中でもよく用いられるのが、インターネット予約のようです。インターネットが使える環境にある場合は、パソコンやスマートフォンから申し込みができます。
申し込む前に、さまざまな比較サイトを活用して、最安値や各航空券の諸条件を確認することができるのが大きなメリットです。

24時間、居ながらにして申し込みができるので、たいへん利便性があります。申し込んだ日を入れて3日後までに払い込みをすれば、席を押さえることができます。
払い込みが間に合わなかった場合は、自動キャンセルされます。
インターネットが使えない場合は、電話が便利です。営業時間は限られていますが、たいてい365日無休で申し込みを受け付けています。
これは昔からおこなわれてきた形態ですので、高齢者も利用しやすいでしょう。

旅行会社の店頭で申し込むこともできます。航空会社の店舗やカウンターは非常に少ないので、申し込みから支払い、航空券受け取りが一カ所で一度にできる場となると、旅行会社の店頭ということになるケースが多いです。

当日購入する事も可能

空港が近い場合や、搭乗当日なら、空港のカウンターでも申し込みができます。搭乗時刻が迫っているとあたふたしますから、空港には余裕を持って出かけるようにしたほうがいいでしょう。
格安航空券が一番入手しやすいのは、やはりインターネットからの申し込みでしょう。
搭乗日まで、ある程度余裕があったほうが良く、直前となるとなかなか難しい面はあります。
しかし、クレジットカード払いができるなら、搭乗前日の申し込みもできる場合があります。

宅配便でのやり取りが必要になる場合は、一般的には10日間くらいの余裕があったほうがいいのですが、これもケースバケースです。
チケットのやり取りがいらない場合は、入金確認が済んだら番号でのやり取りとなり、前日申し込みでも対応可能となります。これを利用するには、そのサイトの信頼性という問題も関わってきますので、初めての場合は慎重に検討することです。

店舗を構えた旅行会社の店頭と違い、インターネットサイトの場合は、信頼性を確認することが大事です。前に購入したことがあるなどの場合は別ですが、初回は気をつける必要があります。

格安飛行機チケット予約|おすすめサイトの探し方

航空券をなるべく抑えて賢く手に入れるコツ

遠方に旅行に行くときに必ず必要なのが飛行機の航空券です。国内旅行や海外旅行、親戚や知人訪問、出張やビジネスなどあらゆる機会にチケットを使うので、旅でどれくらいお金を利用するかお得に移動したいなら航空券の値段をなるべく抑えて賢く手に入れるコツを覚えておきましょう。

飛行機代を格安に予約したいなら、航空会社のコールセンターや街中の旅行代理店ではなくインターネットを使って探すのがおすすめです。
旅行関連のサイトはたくさんあるので選ぶのが大変ですが、国内航空券、海外航空券など行き先を絞り込んでいくと探しやすくなります。
特に実店舗がなくてオンライン専用のチケットショップや、世界規模で運営している海外大手のサイトは航空券の種類が多いので一番安いチケットを見つけられる確率が高まります。

おすすめサイトの探し方

おすすめサイトの探し方は、サイト内でチケットを検索するときに出発地や目的地の空港を選ぶ選択肢の多さや日付指定で前後の金額も表示されるかどうか、余計な手数料や仲介料が含まれていないか、支払い方法はたくさん用意するのをベースにすると絞りこみやすくなります。

飛行機チケットだけでなく旅行先で泊まるホテルを同時に検索できたり、オプショナルツアーやレンタカーなども一緒に申し込めるサイトだと旅行をアレンジしやすくなります。
独自のポイント設定があるサイトも便利で、予約をするとポイントが貯まって次回割引を受けられたり旅行中に使えるクーポンがもらえることもあるので上手に利用すればお得です。

片道だけの航空券と往復が選べたり、日本発着便以外のフライトでも検索できるサイトも便利なので検索オプションがあるか確かめておきましょう。

海外サイトを利用する

海外の旅行サイトでも日本語でページを表示したり、日本円で決済をすることができれば安心して使えます。
海外旅行に行くなら海外のサイトを使えば航空券の数や種類が多くて日本国内で買うより安く手に入ることもあるので積極的に使ってみるのがおすすめです。
飛行機とホテルを同時に検索できたり、ボーマスマイルやポイントの制度があったりするサイトは頻繁に旅行に行く人には特に便利で何度もキャッシュバックを受けたりお気に入りの目的地をあらかじめ登録してスムーズな検索ができます。

格安に飛行機チケットを購入したいなら、国内外のいろいろなサイトを比較して余計なお金をかけずに簡単に予約ができる業者を選んで探してみましょう。

予約していた格安飛行機チケットのキャンセル方法

予約していた格安飛行機チケットのキャンセル方法

取得した方法にもよりますが、旅行取り消しの事由が発生した場合は直ちに処理する必要があります。
便の変更をする場合にも必ず地取り消し手続きすることが先になります。

手続きをしないまま、別の飛行機のチケットを買うことは出来ません。
代理店サイトの場合と航空会社に直接連絡する場合がありますので、購入前に確認する事が必要です。

まず代理店サイトの場合

①ネット決済の場合でシステム上で手続きできる場合:すぐに処理を進めて下さい。
サイトに寄りますが別途キャンセル料が発生する場合と、一定の期間内であれば料金が全て戻ってくる場合があります。

②ネット決済したが、電話連絡してオペレータ経由で取り消し処理をしないといけない場合:これも速やかに営業時間内に連絡して取り消し処理をします。
購入時に発行された予約番号を伝えるか、既に発券済みである場合は航空券番号を代理店のオペレータに伝えます。
航空券が既に発券されている場合は取消料が別途発生する場合があります。次に航空会社に連絡する場合も同様にシステム上で処理できる場合には、速やかに取り消し処理に移りましょう。

また既に発券済みである場合は、航空券番号をオペレータに伝えます。
空港カウンターで取り消し処理する場合は、決済が証明できるものや発券処理がされている物では、現物のチケットを用意します。

最も面倒なのはネットで格安飛行機チケットの注文は出来るが、発券がクーポン方式で現物のチケットが郵送されてこない場合です。

この場合は、空港カウンターや航空会社の正規代理店で一度航空券を発券してから、取り消し処理をしないといけない場合があります。
いずれも発券済みの場合は払い戻し諸費用のお金が請求され、正規の航空券よりも割高になる場合が多いです。予約前にキチンと確認しておくことが大切です。

払い戻しの手数料

払い戻しの手数料は航空券種別により違いが有ります。ほとんどの格安は早割であることが多いので、出発直前や当日の出発前である場合は航空券代金の約半分~75%ぐらいと考えて下さい。また航空券は記名方式で名前、性別、年齢などが記載されますので、他人に譲って使うことはできません。

特に国際線などでは航空券とパスポートと照合しチェックしますので本人しか使えなくなっています。国内線の場合はチェックはされませんが航空法違反になります。これはハイジャック防止にもつながりますのでキチンと手続きする事が重要です。

格安飛行機チケットを予約する際の注意点

大手サイトから検索

格安飛行機チケットを利用することは安く旅行にいくために必須のポイントです。航空券情報を提供している国内の大手サイトを閲覧してみると希望の航空券が見つかりやすくなります。

日本のサイトであれば分からないことがあっても日本語で説明してくれるので安心です。
格安飛行機チケットというのは需要と供給のバランスで成り立っているので常に料金が変動しています。

大抵は2ヵ月から3ヵ月前に予約する人が多いのですが、出発の1ヵ月前になって売れ残ったチケットが激安で売られることもあります。
販売は半年単位で行われるため、9月と3月は各旅行会社が安いチケットの販売に力を入れる時期です。格安飛行機チケットを予約する際には3つの注意点があります。

3つの注意点

1・・・1つ目は航空券情報は広告としてサイトに掲載されることが多いため、実際に空席があるかどうかは旅行会社に問い合わせるまで分かりません。
そのような場合は検索した時にリアルタイムで空席照会ができるサイトを利用すると良いでしょう。

2・・・2つ目は手配手数料が加わることです。たとえ表示された価格が安くても手配手数料が高ければ最終的な支払額は高くなります。
一般的は手配手数料は1000円から3000円です。しかしもっと高額な場合もありますし、無料の場合もあるので必ずチェックしておきましょう。

3・・・3つ目は「おとり広告」に気を付けることです。つまり安い価格を表示しておきながら、高い航空券に誘い込むという手法です。

特に理由もないのに料金に大きな差がある場合は注意しましょう。
基本的には国内の航空券サイトは日本発か海外発の日本行き航空券を表示しています。
しかし海外旅行の上級者になると、旅先で違う国へ行きたくなることもあります。

そのようなワンランク上の海外旅行がしたい場合は、世界中の航空券情報を扱っている航空券サイトを利用すると良いでしょう。
ただしサイトは英語表示になっており、決済もユーロ建てになっていることがあるので金額を間違わないようにしましょう。

安く購入する為のコツ

航空券サイトの使い方に関してはどれも大きな違いはありません。出発地・目的地・日程・座席クラスなどの情報を入力していくだけで検索できます。
しかし航空会社の自社サイトで販売している航空券の方が安いこともあったり、航空券検索サイトには載っていない情報も存在しています。できれば自分が行きたい目的地への直行便は全てチェックしておくことが安く購入するためのコツです。

アプリで格安飛行機チケットを予約する

旅行代理店にて購入する

飛行機チケットを予約する場合、旅行代理店やネットなどで行うのが一般的です。旅行代理店なら、スタッフと話ながら購入することができます。
アドバイスや気になる点を質問できたりするので、買い慣れしていない人には安心感があるでしょう。
しかし、旅行代理店で手続きをすると、手数料が含まれるので料金は高額になります。旅費を節約したい人にとっては、賢い方法ではありません。

航空会社のホームページなどで購入するときは、全て自分で手続きをしなければいけません。
気になる点があっても自分で解決する必要があるので、初めての人は不安があるでしょう。しかし、ネットを使って購入した場合、旅行代理店よりも安くなります。
また、キャンペーンを活用すれば、さらに料金が割引されて旅費を大幅に節約可能です。

そのため、近年では旅行代理店で飛行機チケットを購入する人は減り、航空会社のホームページから直接買う人がほとんどになりました。
格安な料金で予約したいなら、ネットを使うのは最早常識となっています。
しかし、割引のキャンペーンに関する情報を収集するのは、非常に面倒なことです。

ホームページをこまめにチェックしたり、メルマガなどに登録をして、入念に情報収集しなければいけません。
ですが、飛行機を使った旅行に行く機会というのは、それほど多くはありません。
行きたいと思ったときに、効率良く情報を収集したいと考えるものです。

スマートフォンのアプリで購入可能

効率良く情報収集するために活用したいのが、スマートフォンで格安な飛行機チケットを検索できるアプリです。
アプリを起動して出発日や行き先を指定すると、条件に適した各航空会社のチケットが価格順で表示されます。
あとは安い順番に並べ替えれば、その時点で最も安く購入できるチケットの情報が入手できるわけです。

なので、アプリを活用すれば各航空会社のホームページや情報サイトを、こまめにまわる必要性はありません。
メルマガに登録だけして、不要なメールを毎回読まずに削除する手間もなくなります。
また、スマートフォンで検索することができるので、思い立ったときにいつでも調べることが可能です。

仕事中や外出先で旅行に行きたいと思っても、その場で調べられないと気持ちが変わってしまうことはあるでしょう。
ですが、スマートフォンでサッと格安なチケットを検索しすれば、旅行気分を一気に盛り上げることができます。
これからはパソコンではなく、スマートフォンで賢く予約する時代です。